エアコンを高く売るには!

エアコン回収 大分

引越しで不要になったエアコン、エアコンの新機種が発売されたので買い換えるときに今まで使用していたエアコンを処分するのでなくできれば買い取ってもらいたいと思ったことがある方は多いのではないでしょうか。

エアコンを処分するには、室内機・室外機の取り外しに費用が発生するだけでなく、引き取りにも費用が必要となるのが一般的です。
エアコン買取業者側からの不要なエアコンの処分費用を賢く節約できる、買取ノウハウについてご紹介します。
ご自宅のエアコンを確認して、少しでも高値で売却できるように工夫してみてください。

 

大分 エアコン取り外し

 

エアコンのスイッチを入れ稼動させた時にカビの臭いや嫌な臭いタバコの臭いがしたなんてことはありませんか。
汚れやほこり・カビ・タバコのヤニがフィルター・ルーバー・カバー・フィン(熱交換器)・ファン・ドレンパンなどに付着している事が原因です。
日頃のから手入れをしていないと知らないうちにカビが発生します。

フィルター掃除を定期的に行っていても、見えにくいファン・ドレンパンなどの場所にたくさんカビが発生している可能性があります。

カビを徹底的に除去してキレイなエアコンを取り戻す方法を解説します!

エアコンの掃除は定期的に!

 

最近ではエアコンの掃除の手間を省くお掃除ロボ機能が付いたエアコンが人気です。
エアコンのスイッチを切った時に自動的にフィルターのごみやチリを室外に排出してくれます。
定期的にフィルターの掃除をしなければすぐにホコリやチリか溜まりますので掃除の時間が大幅に軽減されます。

でもエアコンのお掃除ロボはアルミフィン(熱交換器)までは掃除してくれません。
フィン(熱交換器)の場所は比較的チリ・ゴミ・カビが発生付着しやすい場所です。
カビやほこりでエアコンが故障してしまう可能性もあります。
多量のカビ菌を室内に撒き散らすと身体に偏重をきたす(過敏性肺炎)原因にもなりますので体のためにもエアコンのためにも、
エアコンは定期的に掃除をするようにしましょう。

定期的な掃除をしないとエアコンの熱効率が下がり電気代がふえ家計の負担になります。

 

エアコンにカビが発生する原因

 

カビが発生しているエアコンです。この程度のカビの発生はまだましな方です。
エアコンの取り外しをしているとフィルター・ファンなどにビッシリカビや埃が付着しているエアコンがごろごろあります。
エアコンを取り外す時にもカビ・埃・塵・目に見えない雑菌が身体に付着することもあります。
このようなエアコンは年式が新しくても買取不可となります。(エアコン洗浄に時間と費用かかかりすぎるため)

 

エアコンに塵や埃が空気の吸い込み口や噴出し口に付着するのは分かるけれどなぜカビが付着するのか不思議ではありませんか。
カビは気温と湿度の条件が整えばいつでも発生します。
カビが発生する好条件が整えばカビが大量発生します。
カビ発生のキーポイントは「湿度」「温度」「ホコリ・汚れ」です。

カビの発生条件

 

「温度」

梅雨時期によくカビが発生すると言われていますがまさに梅雨時期の気温湿度がカビが発生する好条件となります。
温度は20℃~35℃でカビが発生・繁殖しやすい条件です。

 

「湿度」

カビが発生しやすい湿度は65%以上です。
湿度を65%以下に保つとカビの発生を抑えることができます。

エアコンの場合にはエアコンを運転をすると、熱い空気と冷たい空気が触れ合うため、結露水が発生します。
冷たいグラスに水滴がつくのと同じ原理です。
その水分は排水管を通って外に流れるのですが、一部がエアコン内部に残ってしまい、高い湿度の原因になります。
風呂場に発生するカビと同様、エアコン内部に残った水分とカビの餌になるホコリ・チリ・汚れが付着しているのでカビの繁殖のしやすさに繋がります。
そのため、梅雨時期のエアコンはカビ菌にとって絶好の環境となってしまっています。

 

「ホコリ・汚れ」

 

カビが繁殖するためのエサが必要になります。
エアコンを付けている時は、常に空気が通っていて、家の中のホコリ、キッチンの油汚れ、タバコの煙などたくさんの汚れが含まれています。
カビは人の垢、食べカス、塗料など、なんでも養分にしてしまうため、エアコン内部は汚れが溜まりやすくカビにとっては餌が十分にあるためカビが大量発生する原因となります。

 

エアコンにカビが発生付着しやすい場所

 

プレフィルター

エアコン フィルター

エアコンの前面パネルを開けると「プレフィルター」と呼ばれる、目がそれほど細かくないフィルターが設置されてます。
このフィルターを定期的に清掃されている方は多いかと思いますがなかなか手が回らなくてよく埃や塵が溜まる場所です。
この場所にホコリやチリが溜まりすぎると熱効率が下がり電気代がふえ家計の負担になります。

最新機種によく見られる「自動お掃除機能」は、このプレフィルターの汚れを取ってくれていますが(完全には取れません)、こちらにはカビは多く付着してません。

 

エアコンにカビを生えにくくするシステムに、「内部洗浄」というのがあります。
お掃除ロボットエアコンには、ほとんどの機種でこの「内部洗浄」機能は付加されています。

 

内部洗浄とは、
エアコンで冷房運転をすると、アルミフィン(熱交換器)が冷えたために、結露が発生します。
発生した水は、ホースを伝って屋外に搬出されます。
この結露が発生したときに、アルミフィンはもちろん、ファンなどの内部が湿気てしまいます。
この湿気がカビの原因となりますので、
送風運転や弱い暖房運転によって、内部を乾燥させるのが「内部洗浄」の主な働きです。

内部洗浄機能のあるエアコンは、他の機種と比較してカビが生えにくくなります。

が・・・やっぱりカビは生えてしまいます。
カビが発生すると、エアコンのからの風は臭くなります。
また、ファンに付いている黒いものはほとんどがカビですので、ファンが回る度にカビの胞子をまき散らすこととなるのです。

 

フィン(熱交換器)

 

プレフィルターの奥にある「フィン」にもよくカビやホコリ・塵・汚れが付着します。
ひどい汚れになると画像では現せないぐらいびっしりとカビや汚れが付着します。
これほどひどくなると病気になるのではと心配することもあります。
交換機は空気を暖めたり冷やしたりする場所ですので、エアコンを運転すると風が必ず通過する場所です。

 

送風ファン

送風ファンにもフィン(熱交換器)同様、汚れが付着しやすく掃除の手入れがしにくい場所です。

 

送風ファンは、風を送る装置ですのでここも必ずエアコンより出てくる風が接触する場所となります。

熱交換機や送風ファンはエアコンから出てくる風が直接通過・接触する場所のため、ここにカビが発生していると部屋の空気中にカビが多く含まれた状態となってしまいます。

 

エアコンの手入れ掃除の方法

 

エアコンの手入れは自分で手入れをするか業者に依頼する方法があります。
古いエアコンの場合は業者に依頼しないで新しいエアコンを購入したほうが故障の可能性が低くまた故障しても保証書が付いていますので保障期間内でしたら無料で修理をしてくれます。
※保障の無い箇所もありますので確認が必要です。

 

自分でエアコンの掃除をする方法

エアコンの手入れをするのに揃えておきたい道具
・ゴム手袋または軍手
・歯ブラシ・綿棒・爪楊枝
・雑巾
・フィンクリーナー

 

エアコン掃除の手順

  1. カバーを外して、プレフィルターを外します。
  2. プレフィルターに掃除機でホコリを吸い取り、バケツに水を入れ中性洗剤を少しいれきれいに洗い流します。
  3. フィンの部分に掃除機をあてて、ホコリを吸い取ります。
  4. 掃除機で吸い取りきれないホコリを歯ブラシ、綿棒・アルカリ電解水シートなどを使って汚れを取ります。
    繊細な部品なので、力は入れずに慎重に掃除してください。
  5. フィンクリーナースプレーを吹きかけます。スプレーの詳しい使い方は、スプレーの説明書を読んでください。
    電子パネル・スイッチなど繊細な部分に吹き付けると故障の原因になり修理が必要となる恐れがありますので
    ビニールなどで養生をしっかりしてからスプレーを吹き付けましょう。
  6. スプレーが乾燥したら、フィルターとカバーを取り付けます。乾燥のための時間は、スプレーによって違いますのでスプレーの説明書を確認してください。

 

フィンとファンの掃除

 

エアコン内部のフィンとファンの掃除は手の届く範囲で行うようにしましょう。
かなり難易度の高い作業が必要になりますので不安な方や、故障が心配な方は無理をせずに、エアコン業者にクリーニングをお願いするようにしましょう。

  1. コンセントを抜きます。エアコン内部に触れることになるので必ず電源を落としましょう電源を入れたままですとショートしてエアコンの電子機器が壊れ故障の原因となります。
  2. 吹き出し口の部分をタオルまたはアルカリ電解水シートで拭きます。
    タオルには中性洗剤を染み込ませて、タオルを細くして拭きましょう。アルカリ電解水シートを使うと簡単です。
    洗剤を使ったタオルで拭いた後は、水で絞ったタオルで拭きます。

自分でエアコンを掃除するのはきれいにするにしても、掃除できる範囲に限界があります。
中にはエアコンのパネルをはずして清掃する人がいますがエアコンを壊したり部品を破損させたり、分解したあと元に戻せなかったり、トラブルが起きる可能性が大です。

素人が行うのはかなり難易度が高く、スプレーでの掃除も内部までは行えないためオススメできません。
内部までの掃除はエアコン業者ににおまかせした方が良いでしょう。

業者にやってもらうと電子部品を壊したりする可能性は低く心配なく掃除をしてもらうことができます。
万一、壊した場合は保険に入っている業者が多いので保険で保障をしてもらえます。

 

エアコンを高く売る条件

エアコンを高く売るまたは買取してもらうためには上記のエアコンの清掃・綺麗にしなければ買い取り対象になりません。
必ず、汚れ・カビを取り除いてから買ってもらいましょう。
汚れたままですと年式が新しくても大幅な減額になります。

エアコン人気メーカー

エアコンの人気メーカーは比較的高く買取ができます。

基本性能で勝負! 大風量&気流コントロールが特徴
ダイキン「うるさら7(RXシリーズ)」
三菱重工「ビーバーエアコン(SWシリーズ)」
富士通ゼネラル「nocria(Xシリーズ)」

それぞれの人にピンポイントで気流を届けるセンサー機能が秀逸
三菱電機「霧ヶ峰(FZシリーズ)」
パナソニック「エオリア(WXシリーズ)」
日立「白くまくん(Xシリーズ)」

エアコン内部はもちろん、室内の空気までもキレイに
シャープ「G-Xシリーズ」
東芝「大清快(E-DRシリーズ)」

 

 

付属品
保証期間内である場合は、メーカー保証書の有無によって買取価格が変動します。また、リモコンや取り扱い説明書など、基本的な付属品の有無も買取価格に影響します。

 

容量
容量とは、何畳用エアコンなのかというエアコンそのものの馬力を指します。一般的に、容量が大きいほど買取価格も高くなる傾向があります。

 

エアコンの高価買取の条件

より高価買取をしてもらうためには、上記の要素を踏まえた条件を事前にチェックしておくのが大切です。
以下のチェック項目を参考に、自宅のエアコンと照らし合わせてください。

・人気の型番かどうか(メーカーも要確認)
・製造が5年以内かどうか
・喫煙者の有無
・ペットの有無
・室外機の設置場所(配管ホースの有無)
・保証書やリモコン、取り扱い説明書など、付属品の有無

上記条件に当てはまるのが少ないと買い取り価格が低くなります。

 

エアコンを処分するには

上記の条件に著しく当てはまらない場合はエアコンを買い取ってもらえませんので今度はエアコンを処分する方法を考えないといけません。

エアコンの処分には家電リサイクル法により、リサイクル料金が発生します。
処分の方法は大きく分けて引き取りを行っている業者に依頼するか、
各自で指定処分場所へ持ち込む方法があり、それぞれ料金が異なります。

 

業者に依頼する場合は、主にリサイクル業者や家電量販店を利用できますが、エアコンの取り外し・リサイクル料金とは別途、収集・運搬料金が加算されるため、費用がかさんでしまう傾向があります。

各業者に処分を依頼した際は、6,800円以上の費用が必要となるのが一般的です。
一方、家電量販店では上述の通り、収集・運搬によって費用が高くなるので注意が必要です。

当社ではエアコンの引き取りを出張料金+運搬費+処分費=4,800円で引き取り回収・処分することができます。
格安でエアコンを処分することができますので引越しで不要になったエアコン、エアコンの買い替えの時に使わなくなったエアコンなど
エアコンの処分はお任せください。

新しいエアコンは高価買取対象になるのでお気軽にお問い合わせください。

取り外し済みエアコンの引き取り回収も承っていますのでお気軽にお問い合わせください。

 

ハンドリング大分への不用品回収についてのお問合せ、お見積り、ご依頼はお気軽にどうぞ。 WEBからの不用品処分回収へのお問合せ、お見積りは24時間受け付けております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)