高齢になると、家の整理は大変!

 

福祉施設・・リハビリ施設や病院をきっかけに、家の家財の整理・処分が必要になる方が増えています。

家の整理

 

介護施設、福祉施設、長期療養入院などに入居または入院しなければならなくなった場合、予め家の片付け整理をされる方が多いようです。

福祉施設、介護私鉄に入居する場合もしかしたら終の棲家になる可能性もあります。
今まで住み慣れていた家を留守にして放置すると家は直ぐに傷んでしまいます。
家は窓を開け空気を入れ替えないと傷みが激しくなります。

子供がいる場合、親が家を片付けないで施設に入居してしまうと両親の物を勝手に片付けたり処分したりできずに困ってしまいます。

親は子供に苦労をかけたくない迷惑をかけたくないと言う意味合いから家の大型家電・リサイクル家電・タンス・食器棚・ソファー・ベッドなどを処分してしまい、ある程度整理を進めたほうが良いと思われます。

一戸建ての場合の片付けはマンション・アパートなどと比べ不用品、粗大ごみの処分が思った以上、大量にでてきます。
2階建て+物置があれば想像を絶するぐらいに荷物が出ます。
これらの物の処分を考えただけで頭が痛くなるのではないでしょうか?

そうたくさん荷物は無いだろうと思うのですが押入れの中の荷物、タンスの中の洋服、食器棚の中の食器、洗剤、調味料等さまざま物がたくさん出てきます。

物置小屋があれば物置小屋の中にダンボールに入った荷物、古い電化製品、使っていない食器、アルバムなどあらゆる種類の物が入っていると思います。

 

 

生前整理と福祉整理との違い!

生前整理と福祉整理を混同されている方が多いようですが、その内容と目的はまったく異なります。

生前整理はご自身が亡くなる前、健康なうちに残された遺族(子供たちや親族)に迷惑をかけないように、生前に身の回りの整理をしておく事を指します。

福利整理は、住環境を整理して健全な生活ができるよう維持して行く為の整理になります。
家の中の物を減らし生活を快適にする事に役立つのです。

 

 

 

施設入居に伴う福祉整理・生前整理のご相談例として

■高齢になり、福祉施設に入居するため家を引き払うことになった
■一人暮らしが難しいため、離れた子供の家族のもとで一緒に暮らすことになった
■長期入院が必要となり、主治医から長期自宅には戻れないと判断された
■まだ元気だが、安心した余生のために老人向けマンションへ入居を決めた
■身体を動かす事に支障をきたすようになったので介護施設に週居することになった
■長期リハビリが必要となり自宅から通う事ができなくなった

上記のお悩みを感じておられる方は、ぜひ当社にご相談ください。
施設入居前の忙しい時期に、家財整理・不用品の処分に手を焼く必要はありません。
スッキリとした気持ちで、新しい生活を始める事ができます。

 

家の片付けは元気な時から始めましょう。高齢になると、家の整理は大変!

 

 

介護施設、福祉施設の入居前に自分の持ち物を整理したいと思っても高齢になると自分だけで行うのは難しくなります。

施設や病院には最低限度の荷物しか持ち込めないため、大型家電、タンス、ソファー、ベッドなど家財道具の処分が必要となります。

今まで日常、暮らしていた家の物を整理する事になりますが「何を何から整理すれば良いのかが分からない」という人がほとんどです。

また、高齢者になると冷蔵庫、洗濯機、整理タンス、洋服タンス、ベッド、ベッドマット、机などの大型家財を動かしたり整理するのは精神的にも肉体的にも大きな負担となります。

急に施設への入居が決まったり入院が決まった場合は、急いで片付けなければならないケースもあります。

 

大分市内に家族がいる場合は手伝ってもらえますが「家族は遠方にいるから、手伝いは頼めない…」「自分ひとりでは、整理や搬出は無理…」という場合こそ、私たちハンドリング大分のスタッフにおまかせください。

実家の片付けの不用品は定額バックがお得です。定額パックの詳細はこちらへ

少量のごみ処分・不用品処分は1点からの単品処分がお得です。不用品回収の詳細こちらへ

家族が遠方にいる場合、大分の実家に帰って来るのに飛行機代、鉄道などの出費がかさみます。
なにより、何日か会社を休んで帰省しなくてはなりません。
親が子供に実家の片付けのために強いるのは・・・。と思われる方も多いようです。

上記のように子供たちに迷惑をかけるようだったら業者に任せた方がご本人が片付けるより怪我をする事もなく安全に家の家財を整理する事ができます。

家の中の片付け処分はご依頼主様の立会いのもと、必要な物、不必要な物を丁寧に仕分けしながら撤去していきます。

あとあと、ご依頼主様から「あれがない!」「これがない!」というトラブルを防ぐために、生活用品や貴重品などを確認しながら慎重に作業を進めます。

家の片付けが決まりましたらご依頼主様は予め貴重品など大事な物を別に分けておかれると作業がスムーズに進みます。
「これはいらない」「これは残す」「これを処分するのは迷う」などなど、支持をしていただければ指示に従った作業をしています。

新しい生活を前向きに始められるよう、丁寧に作業させていただきます。

いざという時に、家族の負担が減らせる

 

自分が亡き後、残された家財や思い出の品々を整理・処分するのはご家族のみなさまです。大切な人を失った悲しみも癒えないまま「遺品整理」をしなくてはならないのは、肉体的・精神的にも大きな負担を強いることになってしまいます。

施設入居は、自分の持ち物を見直す良いタイミングです。これを良いきっかけと捉え、しっかりと整理することで、ご家族の負担を大きく減らすことができます。
ご家族への最後の贈り物として、生前整理、福祉整理をご検討されてみてください。

 

不用品の処分・買い取りで処分費用を削減!

 

 

生前整理を進めていくと、「思い出の品だけど、使わないから処分する」「自分がいなくなったら、誰も使い手がいない」と判断するものが出てくると思います。
その場合の不用品処分も、おまかせください。

不用品処分する物で比較的新しくリユースできる物であれは買取ができますので不用品処分費用の軽減になります。

大型家電、楽器、自転車、家具、骨董品、貴金属などは、買取査定も同時に行っています。買い取りになった場合、その分の費用は作業費から引かせていただきますので、料金も節約することができます。

また、お元気なうちに不用品を手放す判断をすることで、保管にかかるコストを大幅に削減できるという点も、ご依頼者からお喜びいただいています。

 

生前整理の不用品の処分はハンドリング大分にお任せください。
可燃物・不燃物・家財道具などなんでも引き取り処分をいたします。
お部屋の片付け処分も承っていますのでお気軽にご連絡ください。

 

先ずは、お電話またはWEBからご相談ください。
お客様が、最もお得になる処分プランをご提案いたします。

ハンドリング大分への不用品回収についてのお問合せ、お見積り、ご依頼はお気軽にどうぞ。 不用品回収についてWEBからのお問合せは24時間受付ております。