生前整理と遺品整理はどちらが大変だと思いますか?

 

生前整理と遺品整理

 

遺品整理と生前整理の違いは?

 

  • 生前整理

  • 遺品整理

最近、遺品整理と生前整理という言葉、最近よく耳にするのではないでしょうか?

どちらも「整理」という言葉が付いているので、どちらとも片付けるのは想像できますよね。

また、「遺品」と「生前」なので、亡くなった後に荷物の整理と生きている内に室内の片付けと処分といったイメージできるでると思います。

亡くなった後の整理である「遺品整理」と、生前内の整理である「生前整理」で違いはあるのでしょうか?
今回は、遺品整理と生前整理の意味の違いについて説明したいきたいと思います。

生前整理・遺品整理の処分はお得な定額パックが便利ですこちらを参考にしてください。

生前整理の意味

 

生前整理の意味は、生きている間に身の回りの整理をすることを指します。
生前整理を考えられている多くの方は、自分が亡くなった後に財産問題や相続トラブルが発生したり、子供に親の家の片付け処分で負担をかけたくないといった気持ちの方が多いようです。

生前に財産・貯蓄のお金などある程度、整理しておくと残された遺族間のトラブルの発生を抑える事ができます。

財産をめぐって兄弟同士の諍いが良くおきるのはマスコミ・週刊誌などで報道・記事になっていますので見聞きしたことがあると思います。

昔から子孫のために美田は残さず・・・トラブルを後々、起こさないようにするのも親の勤めではないでしょうか?

たま、自分が亡くなった後、遺族たちに遺品整理の負担をかけないようにするというのも目的の1つになります。

 

また、最近では生前整理を行うことで、夫婦の新たな人生をスタートさせるという意味も含まれています。

何十年間も住み慣れた家や部屋は、思い出の物が溢れていっぱいになっていることが多くあり、なかなか捨てる事ができません。
終活! 終活の身辺整理の必要性についてこちらに詳しく説明しています。

大分県内のあらゆるところへ生前整理に伺うことがありますがイザ整理をしようとすると多くの不用品・粗大ごみなどがでます。
1戸立てのお家でしたら2トン車2台で収まらない家が経験上、多いように思います。
遺品整理の場合は生前整理よりぐ~んと処分する量が増えてきます。

 

遺品整理

 

遺品整理(いひんせいり)とは、故人の残した品(遺品)を整理すること。遺品処理、遺品処分ともいう。

遺品整理の費用は誰が負担するの?

整然整理がしっかりできていれば問題になりませんが、親がなくなった後に家の荷物の片付け処分には処分する荷物の量に応じて費用がかさみます。

家の整理を含めた財産分与がしっかり出来ていれば大きなトラブルに発展することはありませんが財産分与などされてなかったり終わってない間に整理をしようとすると費用負担の割合や誰が時間を割いて整理をするのか?などさまざまな問題がでてきます。

 

親の近くに住んでいるのでしたら親の実家に行くのに多くの時間と費用は必要ありませんが、
たとえば、親の実家が大分県内として子供たちが東京・大阪・東北・北海道などに住んでいた場合、大分までの交通費・滞在費など費用の出費がかさみます。

経済的に豊かであれば問題は小さくて済みますが経済的余裕が無い家庭の場合は、実家に帰るだでも家計の負担が大きくなります。

 

一般的に遺品整理は相続人が行う事が多いようです。
相続の多い人が費用その他を取り仕切り行うと兄弟間のトラブルの発生を抑える事が出来ます。
いったん兄弟同士のトラブルが発生すると身内だけに感情的になり始末の終えません。

遺品整理は上記のように生前整理より遺品整理のほうが大変!

 

親が元気な間にできるだけ生前整理をすすめましょう。
生前整理も親の理解が無いまま子供が勝手に進めると親子喧嘩の元になりますので、よく話し合って気長に説得しましょう。

荷物の整理も、どうしても必要なものは残す、必要でないものは思い切って処分する。
どちらか分からないものは、別の部屋に1箇所へまとめ一定期間を置いて再度、必要・不必要・どちらとも判断が出来ない物に分けます。

処分してよいかどうか迷うものはまた、一定期間を置いて再度、必要・不必要・どちらとも判断が出来ない物に分けます。

一気に生前整理を進めるのではなく時間をかけて進める事で親も生前整理の意識をしっかり受け止め生前整理の整理が加速していきます。

親が急死した場合を除いて生前整理の話し合いは、親との別れの準備でもあります。
いつ、最後の親孝行になるかわかりませんので親子喧嘩をしないよう親の心を思い計って生前整理をすすめましょう。

 

生前整理・遺品整理はお客様のご都合の良い日時に調整できますのでハンドリング大分のスタッフにお気軽にお問合せください。
24時間メールでも受け付けています。

先ずはお電話またはWEBからご相談ください。
お客様に、最もお得な処分プランをご提案させていただきます。

電話の問い合わせ WEBからのお問合せは24時間受付ております。