空き家になった親の家…その後の扱いどうしますか?

 

空き家になった親の家

 

誰も住まなくなった親の家や土地の後始末の問題が回ってきたらどうしますか?

親が賃貸物件に住んでいれば契約解除すれば済みますが、介護施設に入居したり亡くなってしまった場合は家建物の後始末問題は深刻になります。

 

親の土地建物、相続の処理が上手くいかないと大変な事に!

 

親からの土地建物の相続がすんなり行けば申し分ありません。
しかし、片親と兄弟がいる場合に相続がすんなり行くかどうか疑問があります。
世に言う、相続問題です。

 

すんなり相続ができたと仮定して

相続した土地建物を売却する

 

「相続した親の家を利用・活用するのにいちばんスムーズなのは“売る”という選択肢。不動産に売却依頼をすればあとは契約・引き渡しの手続き以外、特に何もする必要はありません。売却益が出れば申告し、税金を一度納めれば終了です」

 

賃貸として貸し出す、自分が住む

 

土地建物を売却しないで「自分が住む」「賃貸物件として貸し出す」
2つの選択方法もあります、
自分で済む場合は家の事は(築年数)自分自身の問題になりますが
但し、今住んでいる場所から近い、職場が近いなどという事でありばそう問題はありません。
家の老朽化に対するメンテナンスは頭の片隅に知れて他方がよいでしょう。

「賃貸物件として貸し出す」 場合は費用対効果を考えないとなりません。

持ち家の場合、広くて古い1戸建。築年数によりますが30年以上になるとキッチン・トイレなどの水回りや浄化槽・床・外壁・畳・障子・ふすまなどの修理が必要となります。

家の傷みの程度によって改修費に違いがありますが、なにも手を加えないで賃貸物件として貸し出す事はできません。
低価格の家賃であれば借りる人がいるかもわかりませんが家の老朽化が進むと借主とのトラブルが発生します。

 

賃貸物件にして数百万円回収費用をかけて貸しても家賃で回収しきれない場合があります。
回収して建物が後、どれぐらい家が持つのかも考慮に入れなければなりません。
手持ちのお金で改修費用をまかなえるのであれば問題ありませんが、借り入れしてまでとなると月々の返済を考えなければなりません。

 

家を借りた人がそのまま住み続けてくれれば借金の返済を家賃でまかなえますが転勤などで空き家になったら返済金額は負担となります。

 

家を「ただ持っている」だけでもでも、敷地の草むしりや家屋のメンテナンス維持・税金などの維持・管理費用はかかります。
家を手放すまで、これら負担は続くのです。

 

土地建物を相続するということは

 

とある相続の専門家によれば、現代の日本の典型的な相続パターンは、「夫に先立たれてひとりで暮らしていた母親が、子ども2~3人を遺して亡くなる」というものだそうです。

 

母親がだいたい80~90歳代の頃に亡くなり、相続人の子どもたちはすでに別の場所で居を構えているパターンが多いようです。

問題になるのが、親のいなくなった実家をどうするかということ。
たとえば関東に住んでいて、すでに実家から遠く離れた埼玉県で持ち家を構えているとした場合、「親が死んだあとの実家をどうするか」は将来的に頭の痛い問題になりかねません。

 

高齢の親を持ち実家が現住所から離れた場所にある方にとってはとても気になる問題なのではないでしょうか。実家の片付けもそうです。

 

親と一緒に過ごした思い出の詰まった実家をどうするのか

親がいなくなり空き家となってしまったこの実家を、今後どう扱うのかを決めなければなりません。

 

もっとも、他人にとっては世の中にいくらでもあるような家だとしても、そこで育ったあなたにとってはかけがえのない思い出の詰まった家。
できればそのままの状態にしておきたいと思うのは、いたって自然な感情です。
ついつい空き家のまま放置してしまうことも珍しいことではないでしょう。

 

実際、日本では少子高齢化と核家族化にともなって、親が死んだ後に空き家となる家が年々増えており、過去20年間でも毎年約100万戸も空き家が増えているそうです。

 

しかし、そうして空き家が増えるにつれて、問題もまた多くなってきているのです――

空き家のまま放置することはできません。

 

空き家のまま放置すると家が急速に傷み老朽化が進んでいるために倒壊のおそれのあるものが少なからず存在します。
近所に住んでいる人から苦情が出たり迷惑もかけます。

015年5月から「空き家対策特別措置法」が施行されたことで、今後は大きく流れが変わります。
この法律により、市町村が「特定空き家」と判断した場合、所有者に撤去や修繕の勧告や命令ができるうえ、命令に従わない場合や所有者が不明の際には、強制的に撤去できるようになったのです。

 

重要なのは、世の流れとして、親が亡くなったあとその実家をどうするかの判断をずるずると先延ばしし、空き家のまま放置しておくことに対する風当たりが次第に強くなっているということです。

 

相続した土地建物を売却する

空き家のままにするといずれ取り壊しをするか台風・地震などで倒壊する恐れがあります。
他の家に影響を及ばした場合、補償問題が発生します、そうなるとますます大変な困難を抱え込む事になります。

 

家屋を壊して更地にする・・・家屋を壊すにしても解体費用が必要となります。
場所や相場によりますが数百万円の出費を覚悟しなければなりません。

また、固定資産全が3倍から5倍に上昇します。

 

相続が決まったら家の片付けと売却を視野にいれて対処したほうが良いでしょう。

 

親が元気なうちに実家の片付け

 

親が元気なうちに実家の片づけをすすめましょう。
親が元気なうにうちに実家の片づけをすることで親と一緒にいる時間をすごせます。
親も子供が実家に帰ってくる事で喜んでくれます。

 

実家の片付けは親兄弟が集まった時、一気に進める事が片づけが進むコツです。
みんなが集まった時に片づけを進めないと何度も遠くから集まる事になります。

近くの子供は良いのでが遠方から実家に帰るのは大変です。
時間も費用も負担となります。

 

ハンドリング大分は不用品処分・片付け専門スタッフがそろっていますので
実家の片付けをお考えの方はお気軽にご相談ください。

引越しゴミ・粗大ゴミ・不用品の処分などございましたらお気軽にご相談ください。

先ずはお電話またはWEBからご相談ください。
お客様に、最もお得な処分プランをご提案させていただきます。

ハンドリング大分への不用品回収についてのお問合せ、お見積り、ご依頼はお気軽にどうぞ。 不用品回収についてWEBからのお問合せは24時間受付ております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)