大量の積乱雲が連なる線状降水帯による豪雨やゲリラ豪雨から車や家財を守る!

 

線状降水帯 集中豪雨

 

雨による被害が近年増えています。一般的には気象の温暖化により日本の気象が熱帯のような雨の降り方をする場合が多くなっているようです。

ゲリラ豪雨や停滞前線による集中豪雨が住民に被害をもたらし問題になっています。
時には、50年に一度の大雨に注意という警報がテレビやラジオで地優位喚起される頻度が高くなっています。

それだけ災害が身近に迫ってくる機会が多くなったという事でしょうか?

ゲリラ豪雨・注中豪雨・から愛車を守る

ゲリラ豪雨・集中豪雨による車の被害が後を絶たちません。
これらの雨による家財や愛車を守る

ゲリラ豪雨・集中豪雨などにより身近に頻発している家や車の冠水被害

 

クルマの冠水

 

良くある話として「まさかと思っていたけれど、突然水が上がってきて車が浸水してしまった。ヤバイ、と思ったときにはもう手遅れだった」
「走行中道路の水位があっという間に上がってきて身動きが取れなくなった」

 このようなことが災害時には頻繁に起こるが可能性があります。

走行中に車が冠水して身動きが取れないようにならないために豪雨の時は交通機関をりようして愛車には乗らないようにしましょう。

 

台風や豪雨により冠水・浸水したら畳や家具は使い物にならない可能性があります。
そのような場合、浸水により使い物にならなくなった家財は不用品として処分しなければなりません。

 

大事な家財道具を不用品として処分しない備え!

台風や豪雨により家が冠水・浸水したら家の中にある畳・ジュータン・家具などは汚水に汚され水洗いしても臭いが染み込んだりカビの原因となるので使い物にならなく結局、不用品として処分しなければならなくなります。

 

  • 台風が接近する前に上記のように予め備えを十分にする。
  • 台風や豪雨により水位が上昇しても濡れないように高い場所へ移動するまたは
    下に何かを置いて水に濡れないようにする。

 

台風接近時のごみ収集

 

大分市の情報によれば台風接近時のごみ収集に関する情報を記載します。

ごみ収集(可燃・不燃・資源)は、原則実施します。ただし、台風の進路などにより、収集時間の変更や、収集の中止もあります。中止する場合は、収集日の前日午後3時から自治会宛て連絡を行うとともに、市ホームページにも掲載します。

また、台風接近時は強風によるごみの散乱も考えられますので、次回の収集日に出すようにお願いします。

台風接近によるごみ収集の問い合わせ先

お問い合わせ

環境部清掃業務課

郵便番号870-0943 大分市片島351番地
電話番号:(097)568-5763 ファクス:(097)567-5860

#集中豪雨#線状降水帯#ゲリラ豪雨