実家の片付け!どこから手をつける!?

 

実家の片づけ 大分

実家の親に長生きして欲しいと思っていても、ほとんどの場合、親は子供より早く死んでしまいます。

亡くなってから大量の遺品整理で困る前に、親が健康なうちに親の家を片付けて、できるだけ荷物を減らしてすっきりさせておきたいと考える人は多いはずです。

 

実家が田舎にあって頻繁に実家に帰っていないと片付けに関して親との意思の疎通が取れていないと親との諍いの原因になりちょっとしたことで感情的になったりと実家の片づけがスムーズに行かない場合があります。

高齢者の親は物を大事にする時代に生まれていますので都会に住んでいる人から見たら何でこんな物まで置いてあるの?
と必要ないと思われる物まで捨てないで大事に物置や倉庫・納屋に入れています。
もちろん、家の中にも荷物がぎっしり。

子供が実家に帰ったときなどに感じるのが子供のとき親は家の中を整理整頓していて物も今のように溢れてなかったのに違和感を感じる人がいます。
親は年を重ね高齢になるにつれて体力・気力が落ち思うように片づけがうまくいかなくなっているのです。

親の真情を理解してあげなければ親の片付けはスムーズに行きません。
逆に親と喧嘩をするハメになります。
親孝行のつもりが親不孝になってしまうかも分かりません。

親が高齢になると今まで以上に物に対する執着が増して、実家の片付けの話を進めようとしてもあれはダメ、これはダメ、まだ使う、まだとっておくと汚部屋やごみ屋敷状態になります。
余計なものをためないように捨てていくのが肝心です。

 

実家の片付けは思ってた以上に困難

 

大分 実家の片付け使わなくなった冷蔵庫が自転車と一緒に物置に・・・

年老いた親が住む実家を生前から片付けようと思ったもののイザ着手しようしてもどこから手を付けて良いのか分からず時間だけが経過して何もしていないという方が多くいらっしゃいます。

 

親の実家の片づけを始ると分かるのですが片付けには「これはまだ必要」「大事なもの」「この服はまだ着る」「この電化製品はまた使える」などなど片付けの途中に作業を中断させられる事がしばしば中断させられ片づけが進みません。

多くの方は実家の物の量の多さに圧倒されます。
実家の片付けの経験上から一戸建ての場合、不用品として処分するのに2トントラック3台分で収まれば良いのですが一度も片づけをしないで遺品整理の形で処分すると2トントラック5台以上が普通になります。
親が生きている間にできるだけ実家の片づけを進めて荷物を減らしたいものです。

 

遺品整理は生前整理よりもっと困難

 

親が生きている間に実家の片付けができたらラッキーと思ったほうが良いでしょう。
親が亡くなってからの遺品整理は単独(一人っ子の場合は別)で進める事ができません。

親の遺産相続がかかわってきますので遺品整理の処分費用・片付けの役割分担、
何月何日に兄弟集まって遺品整理と処分をする事になります。

子供が近くに住んでいれば遺品整理と処分の日時の調整は比較的簡単?にできますが
遠くにすんでいる人がいれば、頻繁に遺品整理に帰る事は経済的にも日程的にも難しくなってきます。

また、実家に残っている物を必要なもの不必要なものに分けそれをどのように分配するのかなど問題が山積みになってきます。

上記の一部の問題を取り上げても遺品整理が困難を極めるかが分かってくると思います。できるだけ親が元気なうちに実家の片付けをして物を減らすのが大事かが分かると思います。

 

実家の空き家問題

 

親が亡くなって家の物を処分しないで空き家のままになっている家が増えています。
そのままにしていると、ご近所のかたがたは「どうして何年も空き家にしておくのか?」「火元になったり不審者が出入りしてもかまわないのか?」「家が荒れ一部壊れかけてる」「はやくなんとかしてほしい」と空き家に不安を感じています。

生前整理
遺産分割協議が進んでいない状態で実家の空き家をそのままにしていると庭木の枝が伸び放題になり近所に迷惑をかける事になります。

庭木が隣まで伸びているとご近所トラブルの元になります。

実家を片付けるときのポイント!

 自分の物を整理・処分

実家に残しておいてある自分の物を整理して不必要なものを処分しましょう。
子供のときから大人に生長するのでの期間、実家に貴方の物が結構残っているはずです。

自分の物を整理して不必要なものを捨てるのは親にこのように整理して捨てる事を理解してもらうためでもあります。

今住んでいる家に持って帰るもの、捨てるものを分別してください。
この作業は親に見せないほうが良いでしょう。

なぜなら子供にとって何でも無い物でも親に撮ったら「もったいない」「思い出がある」「大事なもの」と思い捨てる作業を中断させられ作業が進まないとイライラして親と喧嘩をする事に発展しかねません。
こうなると親孝行ではなく親不幸になってしまいます。

 親と喧嘩をしない心構え

 

折角、実家の片付けに帰ってきて親と喧嘩をしたら身もふたもありません。
親を悲しませる事になります。

一方的に自分の考えを親に押し付けない

 

親と一緒に暮らしていないと親の価値観と子供の価値観に齟齬が生じます。
子供が必要ないと思っても親からすると大事なものかも分かりません。

そこの意思疎通ができないで子供が一方的に片付けると親は感情的になり大喧嘩へはってんします。

近くて実家にいつでも戻れる方はそう問題はないのですが、遠方から実家に帰って片づけをしようと思うと一気に片付けて生きたいと思うのは無理もありませんが、やはり時間をかけて親と話し合い親のペースに寄り添い自分の都合だけで片づけを進めないように十分に気をつけましょう。

 

 実家の片付け処分するものを分別をする

 

親との喧嘩をしないで実家の片づけを進めていく大きなポイントとして分別をする方法があります。

 

分別方法として「親がどうしても残したいもの」「親子がこれは捨てると思うもの」「子供がみて要らないと思っても親が残したいと思うもの・・・捨てるのに迷っているもの」

ここで重要なのが親が納得してしてて良いと判断したものは直ぐに捨てるか、一箇所に集めて処分するときに一気にすてる場所において置く。

「捨てるのを迷っているもの」・・・これが一番問題です。この問題が解決すると荷物が大幅に軽減されます。

親が捨てるのに迷っているものを強制的に捨てると感情がもつれ親子喧嘩に発展することが多くあります。

親子喧嘩して親を悲しませないためには「捨てるのを迷っているもの」を1っ箇所にまとめ置き次に実家に帰った時に「捨てるのを迷っているもの」を取り出して本当に必要なものなのかどうかを話し合います。

必ずいらない物がでてきますので、その時に直ぐに捨てましょう。
何度もこの繰り返しをすると親も片付けに関して物を捨てることに抵抗感が無くなってきます。
ここと思う時が来たら一気に実家の片づけを進めましょう。

 

大分での実家の片付けは不用品回収業者に任せましょう。

 

大分に実家の片付けをする場合に一番簡単な方法は業者に任せることです。
必要なもの、大事なものを選別をして必要でないものは一気に処分しましょう。

片付けの費用を安くする方法として大分市内の処分施設に持っていく必要があります。
実家の片付けの荷物の処分量は2トントラック1台ぐらいでは済みません。

自分で処分する場合、部屋の中から重くて大きな洋服タンス・整理タンス・食器棚・ソファー・ベッド・ベッドマットなど搬出してトラックに乗せなくてはなりません。

重いものを持った事の無い人が不用品処分の作業をするのは困難が伴います。
ちょっとした不注意で怪我をしたりと何かと大変です。

粗大ごみを片付けるのに片付ける人数にもよりますが素人の方が片付ける場合、1日では無理のようです。

遠方から実家の片付けに来られてる方は、片付けをする日程も限られているはずです。

短期間に不用品・粗大ごみ・リサイクル家電を処分しようと思えばハンドリング大分に任せていただければ専門スタッフがお伺いして短時間で処分することが可能です。

実家の片付け・生前整理・粗大ごみの処分などお気軽にお問い合わせください。

 

不用品回収についてのお問合せ メールお問合せは24時間受付

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)