冬のエアコンの設定温度は何度にしてますか?

冬のエアコンの設定温度20度に設定していませんか?
環境省が推奨する省エネ(節電)、冬の設定温度は20度を目安にしましょう。
冬の暖房時の温度設定を1℃低くすると約10%の消費電力の削減になります。
と環境省のホームページに記載されています。

エアコン冬の温度設定

環境省が推奨する省エネ(節電)・・・扇風機やサーキュレーターを併用して風向きを上手に調整

扇風機やサーキュレーターを併用すれば、夏は風が体にあたると涼しく感じ、
逆に冬は暖まった空気を循環させることができます。

フィルターの掃除はこまめに

2週間に一度は、フィルターの掃除をしましょう。
フィルターが目詰まりしているエアコンでは冷暖房の効果が下がり、無駄な電気を使います。
冷房時で約4%、暖房時で約6%の消費電力の削減になります。とあります。

環境省は電力不足を解消するために国民に省エネ政策を訴えていますがどうなのでしょう。
夏の冷房の推奨設定温度は28度になっています。
すべてのマスコミも推奨設定温度は28度を賛成してコメンテーター有識者などがいろんな話をしていましたがその後、高齢者を中心に熱中症で亡くなったり病院に救急搬送される人が多発しました。

今ではテレビなどマスコミは夏のエアコン設定温度を28度とは言いません。
NHKのアナウンサーも言いません。
最近では適切な温度設定をして熱中症にならないように注意しましょうと言っています。
熱中症が多発した事で政府・マスコミに批判が集まった結果です。

冬の暖房設定にも同じことが言えるのではないでしょうか?
電気代を支払うのは電気を使う消費者です。

冬の寒いときにエアコンの設定温度を20度にして寒い思いをするのは使用する本人なのです。
ショッピングセンター・ホテル・デパートで環境省か推奨している温度設定20度にしている所があるでしょうか?

寒い外から来ていただいた客に暖かさを提供しています。

寒波到来、冬本番の時期に暖房温度設定20度では寒すぎませんか?

エアコンの温度設定を20度に設定すると人によりますが薄寒く感じる方がほとんどではないでしょうか?

服を厚着にすれば寒さを防ぐ事はできますが肩がこったり、動きが悪くなったりと快適に過ごせるとはいえません。

快適に過ごすには、それぞれの環境にあった暖房の温度設定が必要ということです。

 

冬の暖房設定温度は寒くなく快適にすごせる温度に設定しましょう。

 

エアコンの設定温度を快適な温度に設定したからといって電力不足に陥らない電力会社が喜ぶだけです。

エアコンの温度設定を低くすれば電気代を抑える事ができますがその分の費用を他の出費を切なくすればいくらでもまかなえます。
寒さを我慢するほうがストレスがたまり風邪でもひいたら電気代の節約どころではありません。

 

冬の暖房の快適な設定温度は人によって違いますので一概に何度と言えませんがエアコンの自動設定が24度になっているメーカーもあります。

エアコンを自動設定(エアコンの自動設定は電気消費効率が一番良い)にして体感温度を感じて、寒いと思ったら暖房温度を20度から少しづつ上げて快適な温度を探ってみてはいかがでしょうか?

 

冬季の数ヶ月の間、電気代(1,000円から2,000円以内)を節約してストレスを感じる生活をするより快適な生活のほうが良いのではないでしょうか?

部屋を熱を逃がさないようにすることで節電

 

窓辺の寒さ対策

1.プチプチ(緩衝材)を貼り付ける
2.すきまテープで冷気の侵入を遮断
3.断熱シートで外気温に影響されにくいお部屋に
4.遮熱カーテンで熱を逃さない
5.カーテンのすそにタオルや布などを置き下からの熱を逃がさない

リビングなどお部屋の寒さ対策

1. 保温効果の高いカーペットを敷く
2.ジョイントマットでフローリングからの冷えを防ぐ
3.サーキュレーターで暖かい空気を攪拌
4.特に冷える場所にはピンポイントヒーターを
5.こたつで省電力×暖かさの持続が可能
6.加湿器を上手に使う加湿器を使って湿度を上げると体感温度が上昇します。
7.ドア下などの空気口を塞ぐ

体を温める防寒具やブランケット

1.体全体を包めるから暖かい毛布ルームウェア
2.さっと掛けられるのが便利なブランケット
3.防寒効果の高いルームシューズで冷え性知らずに
4.じわじわ温める湯たんぽ

 

電気料金は時間帯で変わる!プランを選んで電気代節約

 

電気代を節約しようと考えている方は一番電気を使っている時間帯を調べその時間帯に合わせた節電をされてはいかがでしょうか?

電気料金は時間帯によって値段が違うんです

電気料金プランごとに時間帯別単価が設定されている
だから、様々な生活スタイルに合わせて選ぶことができる

単価を安くするほど電気代は節約できる

電気料金は時間帯で値段が違うから、最適プランを選んだうえで安い時間帯を有効活用すれば電気代を最大限節約可能に!

 

1)最適プランを選びましょう!
2)電気料金の安い時間帯を有効活用しましょう!

電気代を節約するために、電力会社選ぶ事ができます。

こちらから電気代の見直しができます。

電気代を節約してみたい方にお勧めです。

エアコンを買い換える時、不要になったエアコン引取り回収いたします。
お気軽にお電話ください。
専門スタッフがご相談にのります。

 

ハンドリング大分への不用品回収についてのお問合せ、お見積り、ご依頼はお気軽にどうぞ。 不用品回収についてWEBからのお問合せは24時間受付ております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)