観葉植物の処分方法とは?簡単な捨て方を徹底解説!

 

観葉植物の捨て方

観葉植物は玄関先、庭、室内にあると心がいやされリラックスできます。
風水的なインテリアとして観葉植物を置いている方が多いようです。

大事に育ててきた観葉植物もちょっとしたアクシデントや寿命により枯れてしまうのは仕方ありません。
大事に育ててきた観葉植物を処分・捨てなければいけない理由や経緯はさまざまだと思います。

枯れてしまったのをそのままにすると風水的にも見た目にも良くありません。
大事に育ててきた観葉植物、家族の一員として連れ添ってきた観葉植物は、どのように処分すれば良いのか、具体的にはどのような廃棄手段があるのかについて詳しくご紹介します。

観葉植物の処分方法・簡単な捨て方

 

 

観葉植物を捨てる注意点
観葉植物の土を勝手に人の土地に捨ててはいけない
観葉植物の枯れたものは、どのような手段で捨てたらいいの?
観葉植物の処分する手順は?
植物、土、容器に分類する
観葉植物を無料・有料で処分できる方法
不用品回収業者に処分を依頼すれば最速・最短。 引っ越し直前でもOK!不用品回収に自宅まで伺います!

観葉植物を捨てる注意点

 

室内や庭先にある観葉植物、鉢・プランターに入っているものは簡単に処分できるように思いますよね。

家の近くの空き地・河川敷・田畑に捨てると近隣住民から警察へ通報される事があります。
観葉植物の処分をするには自治体のごみ袋に入れてごみ収集日に可燃ごみとして捨てる事ができます。

問題は観葉植物の土の処分でトラブルが生じやすいため注意が必要です。

観葉植物の土を勝手に人の土地に捨ててはいけない

 

観葉植物は、一見すると簡単に捨てられるように見えますよね。でも、ルールを守って処分しなければ、近隣住民の通報により、警察官に逮捕される可能性があります。特に、観葉植物の土の処分でトラブルが生じやすいため注意が必要です。

そして、観葉植物は、どのような手順で処分すれば上手に捨てられるのでしょうか。ここでは、観葉植物の処分時の注意点や具体的な処分手順について確認していきます。

 

あなたがお住いの家は戸建てでしょうか?アパートやマンションのような集合住宅にお住みでしょうか?

ガーデニングができるような庭があれば観葉植物の土を土地の片隅に捨てたり袋に入れ太陽熱消毒をして再利用することができますので近隣の人とのトラブルを起こすことはないと思います。

 

アパートやマンションにお住まいの方が観葉植物の土を処分する場合、十分気を付けて処分する必要があります。
個人的に自由に利用できる土地がないのであれば、土を勝手に捨ててはいけません。

「土だったら、人の土地や河原、公園など、どこに捨てても問題ないだろう。」と考える方もいるでしょう。「長い年月をかけて、自然に帰るのだからいいじゃないか。」とおっしゃる方もいるかもしれません。
この行為は不法投棄とりな立派な犯罪になります。
不法投棄をすると、1,000万円以下の罰金刑または5年以下の懲役刑が課されるおそれがあります。


観葉植物の枯れたものは、どのような手段で捨てたらいいの?

観葉植物の枯れたのは可燃物として処分することができます。
大きな観葉植物はごみ袋に入るように切断してから処分します。
入らなければ粗大ごみの扱いとなります。
可燃物のごみ収集日にごみ袋に入れて捨てれば回収してくれます。


観葉植物の処分する手順は?

これから観葉植物を処分する場合、どのような手順で処分すれば、効率良く廃棄できるのでしょうか。ここでは、観葉植物の処分手順について確認していきます。

 

1.植物、土、容器に分類する

観葉植物を捨てるには植物を分類しなければなりません。
容器にしても陶器でできているのか、プラスチックでてきているのか、木製なのかによって捨てる方法が違ってきます。

プラスチック・木製は燃えるゴミとして処分する事ができます。
鉢が大きい場合はごみ袋に入るぐらいの大きさにしなければ粗大ごみの扱いとなります。

陶器などでできている燃えないものは不燃物し処分します。

大量の観葉植物や鉢・土があり処分に困っている場合は自治体に相談しましょう。
車で大分市指定のごみ処理施設で捨てる事ができます。

土などの不燃物の持込処理施設は

福宗環境センター(鬼崎埋立場)
大分市大字鬼崎647番地
電話番号(097)541-2192 (直通)詳しくはこちらのサイトへ

 

観葉植物を無料・有料で処分できる方法

 

引っ越しが急に決まり観葉植物を転居先に持っていけない時が一番困る!

 

急に転勤などで引っ越しをしなければならないときに観葉植物の処分は本当に困ります。

花などの植物が好きな方は散歩しながらあなたが大事に育ててきたガーデニングを鑑賞していると思います。きっと和やかな気持ちになる事でしょう。

今まで挨拶したことのある方でしたら貰ってくれるかもわかりません。

誰かに貰ってもらえれば

植物好きなのであ6.れば、無料でもらえるため嬉しい。
自分の好きな観葉植物であれば、自宅内で利用してもらえる。
行政に処分を依頼するわけではないため、処分手数料が発生しない。
生きている観葉植物を寿命まで育てられる。

 

不用品回収業者に処分を依頼すれば最速・最短。

 

ハンドリング大分のスタッフが分かりやすくサービスの説明をしてくれる。
大きく育った観葉植物でも、重さに関係なく処分手続きを進めてくれる。
家庭の事情から自宅外に出られなくても、問題なく処分できる。
観葉植物以外にも、自宅内にある不用品があればまとめて処分できる。
環境に配慮しながら、適切な方法で処分してもらえる。
観葉植物を好きな時間に処分できる。

デメリット

自宅までトラックやスタッフを派遣するため処分手数料が高くなってしまう。

観葉植物を最速・最短で処分するのであれば、不用品回収業者が断然おすすめです。

連絡を受けたスタッフがお客さまのご要望ごとに個別に対応するため、他のサービスよりも自由度が高いです。そのため、自宅訪問を希望する場合でも、都合が悪ければ訪問時間を変えることができます。

一方で、不用品回収業者を利用する以上、処分手数料が高くなってしまいます。
どうしても処分コストを抑えたいという方にはおすすめできませんが、大きく重たい観葉植物でも簡単に処分できます。そのため、もっとも利便性が高いサービスであるといえるでしょう。

不用品回収業者が観葉植物の処分を代行します

 

大型の観葉植物であれば、処分するのも一苦労です。一見すると大変そうな観葉植物の処分でも、不用品回収業者を利用すれば、ラクラク簡単に処分できます。

不用品回収業者を利用する方は、下記のような方が多いようです。

    • 観葉植物の処分に、多くの時間をかけたくない人。
    • あまりにも観葉植物が大きくなってしまったため、自分の判断で捨てるのが難しい人。
    • 観葉植物以外にも、捨てたいものが山のようにある人。
    • 高年齢で重いものが持てないだれかに処分作業をすべて依頼したい人。
    • 自宅訪問サービスがあることが絶対条件となる人。
    • たくさんの観葉植物を同時に捨ててしまいたい人。

 

どれだけ不用品があっても、トラックまでの運搬を不用品回収業者のスタッフが担当するため、仕事の依頼人は何もしなくて指示するだけです。

引っ越し直前でもOK!不用品回収に自宅まで伺います!

 

引っ越しにともなう不用品の処分でも、時間的な余裕がないため、簡単には進みません。ただでさえ引っ越し直前で片付けに多くの時間を奪われている状況であれば、観葉植物を捨てる暇などないでしょう。

大量に土が入った陶器製の重たい容器の観葉植物の処分依頼でも、柔軟に対応できるため、問題なく片付けられます。

不用品回収業者で観葉植物以外もまとめて処分しよう!

観葉植物以外にも自宅内に処分したいと感じる不用品は、ありませんか?

ボロボロになったプラスチックの容器や衝撃で割れてしまった陶器の容器、ブロックレンガなどがある場合は、観葉植物とまとめて処分できます。

そのため、押入れ・倉庫内にたくさん処分したいものがある場合は、事前におしゃってください。

1台のトラックにまとめて捨てることで、処分手数料を限りなく小さいものにできます。不用品の数が多くても手伝っていただく必要はありません。派遣されたスタッフが責任をもって片付けます。

お電話/メールでお気軽にご相談ください。
お客様に最適なプランをご提案させていただきます。

不用品回収お問合せ メールでのお問合せ