大分市S様より家具の処分と不用品回収のご依頼!

2019年10月16日水曜日に大分市新春日にお住いのS様より電話があり婚礼家具があるので処分をしたい他にも処分したいのがあるので一緒に処分をお願いしたいとの事!

S様と家具処分の日時の打ち合わせ、10月19日が都合が良い、時間はどうされますか?
とお聞きしたところ午前中が都合が良いでは午前10時はいかがでしょうか?
とお聞きしたところ午前10時にお願いします。

婚礼家具を分解する事に!

 

10月19日午前10時少し前に到着、家具を運び出すのに必要な用具を用意。
用意をしたのは家具を運ぶ台車・壁やクロス・床を傷つけないように毛布2枚、
家具の扉が開かないように養生テープなど。

今までの経験上、婚礼家具を運び出すのに分解しないと運び出すことが出来ないのがあります。
今回の家具も洋服ダンスが2個が1つとしてくっつけていたので分解しなければドアから出すことができません。
分解する可能性があるので予め工具道具を用意して伺いました。

大分市 家具分解

家具を解体・分解される方はこちらの家具の分解・解体方法のサイトを参考にしてください。

大分市新春日の家具を取り外した手順を明記します。

①婚礼家具の洋服ダンスの扉は観音開きになっていますので左右の金具を+ドライバーで緩め(直接電動ドライバーを使用するとネジ山がナメてしまいネジが外れなくなる事がります)電動ドライバーでネジを取り外します。

②観音開きの扉の金具は片側3箇所あるので合計12箇所。
天板が隣のタンスと一緒にくっつけてあるので天板のネジを取り外します。
また、横にもねじ止めがありますのでそれも取り外し左右のタンスを外す事ができました。

③家具を分解する要点としてネジ山をナメない事です。
ネジ山がつぶれてしまうと非常に厄介です。

ショックドライバーを使ってネジを回す事ができますがハンマーで叩くので大きな音がします。集合住宅では他の住人に迷惑をかけるので使用できません。

ネジに潤滑剤を吹き付けネジを緩める方法もありますが回りが油汚れする可能性がありますのでやはり使用できません。

丁寧にドライバーで緩めそのあとに電動ドライバーを使用するのが良策です。
電動ドライバーない場合は時間と労力を必要とします。
どうしてもネジが回らない場合にはバールでこじ開ける方法をとります。

 

家具を部屋から運び出す方法

家具を部屋から運び出すのには細心の注意が必要です。
家具は大きくて重いので移動するときに壁にぶっつけたり床に傷を着けたりする恐れがありますので対策が必要です。

①家具の中の物をすべて出します。
家具の中に洋服などが入っていると重くて運べません。
家具に差し込んでいる棚などすべて出します。

②家具の引き出しを部屋の外へ出し家具を移動できるスペースを作ります。
分解した扉も部屋の外へ出します。

③家具の下に厚手の毛布を敷きます。
家具の上に毛布を掛けます。
上下に毛布をあてると床が傷つかず、もし壁にぶっつかってもクロス傷つける事を防げます。

④毛布に家具を乗せスタッフの一人が前方の毛布を引っ張ります。
後ろ側にいるスタッフが後ろ側の毛布を軽く持ち上げ壁やドアにぶっつけたりしないように指示をだします。

⑤タンスは部屋から出すのが一番注意を払う作業になります。
ドアは狭いのでタンスが大きい場合にはドアを取り外して部屋の外に出すこともあります。

⑥タンスを室外に出した後は台車で運びます。
運ぶ場合も横にぶっつけないように細心の注意を払って運び出します。

 

大分市新春日町S様宅から不用品回収の作業工程

S様宅は2階建ての集合住宅の2階にお住まいでした。
2階建ての集合住宅はエレベーター設備が装備されていませんので手作業での運び出しになります。

S様宅の婚礼家具は扉を分解したので養生テープを使用する事はありませんでしたが扉を分解しないで運ぶ場合には扉に養生テープを貼り扉が開かないようにします。
運んでいる途中に扉が開くと中物もが落ちたり壁を傷つける恐れがありますので注意をします。

家具は大きくて重いので階段から降ろす作業は危険を伴いますので注意を払いながら運び出します。
階段を踏み外したり手から落としたりすると不測の事態を招く恐れがあります。

家具・冷蔵庫・洗濯機・エアコン・机・ベッド・ベッドマット・ソファーなどの大きな物はプロの業者に任せるのがケガの恐れがなく一番良い方法ではないかと思います。

S様からの不用品回収のご依頼は婚礼家具以外に物入が2つありました。
上記に記載したように家具を分解し家具の扉などを部屋から外に出し1階駐車場まで運び車の側に仮置きします。

大分新春日町 不用品回収

洋服ダンスと整理ダンスの婚礼家具が多い場合は軽トラでは1度で積込む事ができませんので軽トラ2回または2トン車に積むようになります。
ケースバイケースです。

タンスは高さが180㎝以上ありますので軽トラに横にしては乗せることが出来ませんので立てて乗せる事になります。

不用品処分を依頼されたのを軽トラに積込み荷物固定ベルトでしっかり固定します。
固定した後に荷物が見えないようにシートをかけます。
シートをかけた後、荷崩れしないようロープで十分に固定します。

荷物が荷崩れして皆さんに迷惑をおかけしないよう荷物の固定には十分な注意をはらいます。

以上で大分市新春日町S様宅の不用品回収作業は終了いたしました。

不用品回収作業が終わりお支払いも終わったところでS様より別のご相談がありました。

実家の片づけのご相談!実家の片づけをしているけれど良い方法がありますか?

 

S様より同じ大分市内に住んでいる両親の元を訪れる実家の片づけをしているのだけれど「作業がはかどらない」どうしたら良いか分からない。
荷物を処分できずただ部屋を移動しているだけ、ちっとも処分できないとおっしゃっていました。

「これ要らないのじゃないの?」「これ処分しよう」「壊れたのは捨てようよ」「この食器いらないのじゃないの?」などなど両親に言ったら「もううるさい帰って!」と言われたりするのでホトホト困るとおっしゃっていました。

 

不用品回収のプロとして実家の片づけをアドバイス

 

  1. 「捨てる物」「残すもの」「処分に迷っているもの」
    実家の片づけで子供の立場として一番多い悩みが「いつまでも片付かない」「捨ててくれない」「あきらかに必要でないと思うものを残す」などなど悩みが解決しません。
  2. 両親が不要なものを捨てきらないようでしたら「捨てる物」「残すもの」「処分に迷っているもの」に大きく分けてもらいます。
  3. 「捨てる物」はその日のうちに処分しましょう。
    時間がたつと「それはまだ使うから」「ちょっと残しといて」などと言われることもありますので気が変わらないうちに処分をしましょう。
  4. この日は「捨てる物」だけを処分して次回に最初に「処分に迷っているもの」から「捨てる物」「残すもの」「処分に迷っているもの」に分けます。
    そのあとに前回「残したもの」から必要のないものを捨てるよう説得します。時間はかかりますが何度も実家へ帰り実家の片づけ作業を進めていきます。
    実家の片づけ」に詳しく記載していますので参考にしてください。

 

実家の片づけ作業が進まない場合は実家の片づけの不用品回収のプロに任せた方が安くて楽です。

 

不用品回収についてのお問合せ メールお問合せは24時間受付