家具を解体するメリットとデメリット

タンスやクローゼットなど。とくに大型家具は捨てるときにどうやって捨ててしまおうか困ってしまいます。

粗大ゴミとしてそのまま捨ててしまうとお金がかかってしまうし、かといってそのままずっと家の中に放置しておくと邪魔になってしまいます。
広い空間を占めるタンスなどの家具、1つ片付けるだけで部屋が広くなり有効利用できます。

そんなときは家具を解体してみてはいかがでしょうか?

不用になった洋服ダンス・整理ダンスなど粗大ごみとしては大型粗大ゴミに分類されます。
タンスの処分をしようとしてタンスの中に服が入ったまま移動しようとすると大の大人2人でもびくともしません。

分解・解体などが苦手な人にとってはかなり手間がかかってしまう作業にはなりますが、DIYなどが好きな人にとっては有意義ある作業になるかも。

家具(タンス)を分解・解体するのにあれは便利な道具

 

■軍手      

■ ドライバー(ブラス・マイナス)あると便利な 電動ドライバー

   

 

■粗大ゴミ解体用のこぎり あると便利な電動のこぎり(丸ノコが安全)金属切断用のこぎり

■カナヅチ

■バール

■ノミ

■脚立

■ブルーシート

上記、道具があれば比較的簡単?に粗大ゴミが解体、分解ができます。
※体力、気力の勝負みたいなところも・・・。

家具を自分で分解するメリットとデメリット

メリット
  • 可燃物で捨てる事ができれば大分市のゴミ処理施設まで運ばなくて済む。
  • レンタカーを借りたり、家からゴミ処理場へ往復の時間とガソリン代が不用となる。
  • 可燃物として捨てる事ができない場合、家具をコンパクトに分解・解体すれば大分市のゴミ処理施設まで運ぶことができる。
  • 大きくて重い家具も解体すれば1人で運ぶ事ができる。
デメリット
  • 騒音が出る。
  • 高齢者・女性には不向き。
  • ハンマー・電動ノコ・バールを使って解体・分解するととても大きな騒音になりご近所トラブルの元凶に・・・。
  • 木屑・ホコリが部屋に舞い散る。
    掃除が大変。
  • 体力・気力が必要。
  • 電動工具があれば比較的簡単に切断、解体てきるが普通のノコで切断するには大変体力を消耗する。
  • ブルーシートなどの敷物を用意する必要がある。
    畳や床の上で切断、解体、分解すると床が汚れたり傷ついたりしてあと片付け掃除に時間が必要となる。
  • 大怪我をする可能性がある。
    使い慣れていない道具を使うと思わぬ怪我をする事があります。家具を切断するのにノコを使っている時、指や手を切ったり、電動ノコで誤って指を切断する大怪我をする場合があります。怪我をしないよう細心の注意を払って作業をする必要があります。

 

道具を用意すればベッドの解体もできる。

ベッドを分解・解体するのにあれば便利な道具

 

■軍手      

■ ドライバー(ブラス・マイナス)あると便利な 電動ドライバー

   

 

■粗大ゴミ解体用のこぎり あると便利な電動のこぎり(丸ノコが安全)金属切断用のこぎり

■カナヅチ

■バール

■六角レンチ

■モンキースパナ

上記、道具があれば比較的簡単?に粗大ゴミが解体、分解ができます。
※体力、気力の勝負みたいなところも・・・。

ベッドを自分で分解するメリットとデメリット

メリット
  • 可燃物で捨てる事ができれば大分市のゴミ処理施設まで運ばなくて済む。
  • レンタカーを借りたり、家からゴミ処理場へ往復の時間とガソリン代が不用となる。
  • 可燃物として捨てる事ができない場合、家具をコンパクトに分解・解体すれば大分市のゴミ処理施設まで運ぶことができる。
  • 大きくて重い家具も解体すれば1人で運ぶ事ができる。
デメリット
  • 騒音が出る
  • 高齢者・女性には不向き
  • ハンマー・電動ノコ・バールを使って解体・分解するととても大きな騒音になりご近所トラブルの元凶に・・・。
  • 木屑・ホコリが部屋に舞い散る。
    掃除が大変。
  • 体力・気力が必要。
  • 電動工具があれば比較的簡単に切断、解体てきるが普通のノコで切断するには大変体力を消耗する。
  • ブルーシートなどの敷物を用意する必要がある。
    畳や床の上で切断、解体、分解すると床が汚れたり傷ついたりしてあと片付け掃除に時間が必要となる。
  • 大怪我をする可能性がある。
    使い慣れていない道具を使うと思わぬ怪我をする事があります。家具を切断するのにノコを使っている時、指や手を切ったり、電動ノコで誤って指を切断する大怪我をする場合があります。怪我をしないよう細心の注意を払って作業をする必要があります。

 

撤去に骨が折れるなら不用品回収業者へ

大型家具の解体は時間と気力・体力を惜しまなければある程度簡単にできるものです。
しかし、細かく切ったら、ごみ袋に切断した木材などを集めなければいけませんし、その後の片づけも大変です。

また、チェーンソーなどの電動のこぎりや刃物は扱い次第でケガの元にもなります。もし、自分で解体するのが難しいと感じたら、不用品回収業者へきてもらいましょう。

 

タンスなどの家具・ベッドなどの不用品回収は業者にまかせた方が安全で楽チンです。

自分でタンスなどの家具やベッドを解体すると費用は格段に安くて済みますが上記のようにデメリットもあります。

家具・ベット・ソファーなど大型家具の処分、単品の1点からの不用品回収プランがあります。
家具・ベット・ソファーなどまとめて処分される場合はお得なパックプランをご用意しています。

 

不用品回収業者を利用する最大の利点は、手間をかけずに、電話1本で物置の不用品を一掃できることです。

家庭ごみの処分、家具・ベッドなどの粗大ゴミの回収処分はハンドリング大分にお任せください。

電話/メールでお気軽にお問合わせください。
メール24時間受け付けています。お気軽にご連絡ください。

 

ハンドリング大分への不用品回収についてのお問合せ、お見積り、ご依頼はお気軽にどうぞ。 不用品回収についてWEBからのお問合せは24時間受付ております。