汚部屋とは 

 

汚部屋とは汚い部屋を意味する言葉です。「汚い部屋」+「お部屋」の合成語なのです。結構わかりやすい合成語ですね。

単に「部屋の中に物が乱雑に散らかっている」というレベルではなく、「ベットボトルや新聞雑誌か足の踏み場もないぐらいに部屋に散らかっている」「物やゴミで床が見えない」「何ヶ月も掃除をしていない」「虫が湧いている」「ネズミが出る」「ゴキブリが生息している」など、部屋の片づけができていなく常軌を逸して汚い部屋を指します。

どのような人が汚部屋になりやすいのでしょう。

部屋が汚部屋になってしまう人の特徴!

部屋中に物が溢れて、足の踏み場もない。どうしても片付けられないのに、どんどん物を増やしてしまう……そんな「汚部屋」の住人になりやすい性格タイプが存在することを、あなたはご存知ですか?

今まで「汚部屋」の片づけを何度も経験していますが、最初から部屋を散らかす人は殆どいません。
外出先から帰って部屋の中に入って何気なしに部屋の鍵・手荷物や買い物の荷物を玄関先・テーブルの上・ベッドの上に置いてしまう事から始まってしまいます。

 

新居に生活し始めた時の事を思い出してください。
新居に入居した時は電化製品、家具なども少なく部屋の中が綺麗で片付いていたのではないかと思います。

それが上記のように何気なく物を適当に置き始める事から片づけが苦手になって行くのが始まってしまうのです。

最初の頃は部屋を片付け、頻繁に掃除を(掃除機をかけたりコロコロで小さなごみをとったり)していませんでしたか?

では汚部屋になりやすい人の特徴を記載していきましょう。

 

汚部屋になりやすい人の特徴はどのような人!

買い物好きな人、流行に敏感で新しいものが好き

流行に敏感で欲しい物があれば買いたい衝動を抑えきれずに飛びついてしまいがちです。

洋服や靴・便利グッズなどファッション雑誌・テレビ・ネットなどで目に入ればどうしても買いたい衝動に心が動いてしまいます。
買い物をすれば当然、洋服がクローゼットや押入れから溢れてしまいベッドやベッド周辺に置いてしまいがちになってしまいます。

 

衣類に限らず、最新の便利グッズや写真映えする雑貨やインテリアに弱い人も、大して欲しくもないのに衝動的に買ってしまいがちなので、部屋にグッズが散乱して収集がつかなくなるので注意が必要です。

 

めんどくさがりな性格の人

男女問わず生来の性格が面倒くさがりな人はいます。

話は少しそれますが血液型による片付けの違いもあるようです。あくまでも参考程度に・・・。

折角ですので血液型による片付け方の違いを記載します。

日本での血液型の多い順から説明していきます。
日本人の血液型はA型が多く38%O型は31%B型は22%AB型は9%
世界では人種により血液型の比率が違ってきます。ここでは割愛します。

日本人て一番血液型で多いA型

A型といえば几帳面な性格の人が多いようです。
掃除、洗濯、片付けのできる方が多く部屋の片付けや掃除をキッチリ整理整頓します。
細かい所まで心配りが行き届きます。

A型の人で片付けができない人は「いつでも片づけができる」「掃除や片づけがきにならない」と思い、買い物や荷物がそのままになっている人が多いようです。

O型の人の片付け

大型の人の性格はおおらかで大雑把と言われることが多いようです。
グループや集団で活動するときなど強烈にリーダーシップをとって存在感を発揮する事が多いようです。

もともと集団で行動する狩猟民族として誕生したので、コミュニュケーション能力が高く付き合いが上手い印象をうけます。

B型の人の片付け

B型の性格の人はマイペースの人が多いようです。
部屋の片付けもマイペース。気が向けば一生懸命片付けますが気が乗らなければそのまま部屋を散らかしてそのまま、悪い方向に行けば汚部屋になる可能性が高くなります。

AB型の人の片付け

AB型と聞くと「変わった人」「二面性がある」と思われてることが多いと思います。
2面性があるのでA型・B型の両方の特徴がでてきます。

几帳面に片付けを頻繁に行う事もあり、気が向かなければ気分次第で片付けるまたはそのまま放置する傾向にあります。

 

生来の性格が面倒くさがりな人は、汚部屋予備軍の筆頭だと言えるでしょう。
整理整頓・片付けが苦手なため、家にある物の量がさほど多くなくても散らかった状態に陥りやすいのが特徴です。さらに、掃除や洗濯といった最低限の家事も億劫になってしまうと、あっという間に汚部屋化してしまうことも。
一度汚部屋化するとますます片付けが面倒になるため、脱却が困難に。そうなる前に、家事の動線を見直す、便利家電の助けを借りるなどして、片付けのハードルを下げておきましょう。

好奇心旺盛で多趣味の人は多忙すぎる

 

好奇心旺盛の人は趣味が多い人も、それ自体はとてもいいことですが、実は汚部屋の住人となる可能性を秘めています。

好奇心が旺盛でせいで多趣味の人は外出する事が多く家の中まで手が回らないことがあります。

そうなると当然、家の中の整理整頓、掃除などが後回しになってしまいます。
あれこれと広く浅く手をつけるうちに物が増えやすい点がネックに。

部屋の片づけが後回しになってしまうと汚部屋化を招く要因のひとつになります。

 

ストレスをため込んでいる人

ストレスをため込んでいる人は部屋を汚してしまう傾向になりリスクが大きい。
ストレスが溜まると甘いものが欲しくなります。
甘いものが欲しくなるとお菓子、ジュース類を購入し家で食べます。するとゴミがあちらこちらに・・・。

ストレスがひどくなると軽い鬱状態になり、何もかもめんどくさくなります。
そうなると当然、部屋の片付けや掃除ができなくなってしまいます。

だんだん、酷くなるとゴミが散らかっているのに慣れてしまって汚部屋状態になっていきます。

 

ネット依存・オタク状態

ネットが大好き、ネットサーフィンが大好き、ゲームも大好き・・・このような人はパソコンやスマホのを手放せなくなり身も心も好きなことに没頭してしまい時間の経過がわからなくなります。

ネットやテレビを見ながらお菓子やジュースを食べたり飲んだり、するとそこらにペットボトル・の見かけの空き缶・お菓子の袋などが部屋の中に散乱してしまい、ついに部屋の中が汚部屋状態に・・・・。

 

汚部屋からの脱出する方法!

汚部屋女子

汚部屋女子の方は人が家に訪ねてくるのを極端に嫌います。
部屋にゴミが溜まっていれば男性であっても人が訪ねて来るのを嫌います。

 

部屋が汚い=だらしない

心では部屋を汚すことに罪悪感を持っているのですが身体と心のバランスが乖離してるので片づけができないのです。

 

断捨離

ハンドリング大分のスタッフが部屋の片付けの秘訣をお話します。

日常的に断捨離を心構えましょう。

汚部屋に慣れてしまうと部屋に物が散らかっているのが普通となり、片づけをするのがとてもめんどうになってしまいます。

部屋を片付けるコツとして、まず1部屋を徹底的に片付けます。
その前に1部屋から荷物を外にすべて出します。

荷物を出してしまったらその部屋を徹底的に掃除をします。

すると、掃除が住んで綺麗になったその部屋に物を入れるのに抵抗感が生まれます。
そんな気持ちになったら後、一歩です。

綺麗な空き部屋に最低必要減、必要なものを入れると他の部屋に空きスペースができます。

 

そこで、部屋の中でかさばるペットボトル・空き缶・雑誌・新聞などの紙類を市町村の指定ごみ袋に片っ端から入れていきます。

そうすると3種類のゴミ分別ができゴミを入れた袋は部屋の外に一旦置きます。
できれば可燃物収集日の前日に部屋の片づけをすると翌日、片付けたゴミをごみ収集場所に出す事ができます。

ペットボトル・空き缶・雑誌・新聞などの紙類を片付けるだけで部屋の中がけっこうスッキリしてきます。

不燃物などは部屋のテラスに置き部屋の中の物はできるだけ少なくします。

 

ペットボトル・空き缶・雑誌・新聞などの紙類が片付きましたら洋服その他を片付けましょう。

靴・洋服・その他、身体につけるもので3年以上そのままにしている物があれば今後もそのような服を着たり靴を履いたりする事は無いと断言できます。

 

3年以上、利用した事の無い物を箱や袋に入れましょう。
迷うものがあればそれは、別の袋や箱に入れて一旦保留扱いにします。

 

必要なものを別の箱や袋に入れ他の袋と分けておきます。
そうすると部屋の中が片付きますので大掃除をします。
大掃除といってもテーブルの上、机の上、目立つ所に不要な荷物があるのかないのかを確認しながら片付けていきます。

後は簡単に片付けながら掃除機をかけていきます。
この時、思わぬゴミがでてきたらキッチリ分別をしましょう。

 

あまりにもゴミが多い場合はハンドリング大分にお任せください。
可燃物・不燃物・家財道具などなんでも引き取り処分をいたします。
お部屋の片付け処分も承っていますのでお気軽にご連絡ください。

 

先ずは、お電話またはWEBからご相談ください。
お客様が、最もお得になる処分プランをご提案いたします。

ハンドリング大分への不用品回収についてのお問合せ、お見積り、ご依頼はお気軽にどうぞ。 不用品回収についてWEBからのお問合せは24時間受付ております。

 

買い物を減らす安易に物を増やさない。

 

買い物を減らす物を増やさない事は経済的にも大変、健全な状態となりあまったお金を貯蓄にまわしたり、お金を貯め思いっきり高額なものを買う事ができます。

 

物を溢れさせないためには、「捨てる」ことだけでなく「増やさない」ことも重要です。
何かを新しく購入する際には、次のような項目をチェックしてみましょう。

 

  • 本当に欲しいと思っているか
  • 同じようなものを持っていないか
  • 代用可能なものを持っていないか
  • 無理なく収納できるか
  • 簡単に処分できるか

 

適度な買い物はストレス発散にも繋がるため、神経質になりすぎる必要はありません。
ただし、衝動買いに走りやすい汚部屋予備軍のみなさんは慎重に。今や、なんでも「レンタル」や「シェア」ができる時代でもあります。お財布を取り出す前にまずはひと呼吸置いて、様々な角度から「本当に必要かどうか」をじっくり検証してみてください。

たとえば「洋服をたくさん持っているのに、着ない服が多い、ついつい衝動買いをしてしまう」という人は、試しに今持っている服だけで1~2ヵ月間の着回しに挑戦してみてください。安易に服を増やすのをやめることで、自分が本当に好きな服のテイストが見えてくるかもしれません。

 

どうしても片付けのやる気が出ない……という人におすすめなのがハンドリング大分のような不用品回収業者に依頼する事です。

片付け・不用品処分も承っていますのでお客様は必要なもの不必要なものを支持するだけ、作業は不用品業者にお任せするだけで大丈夫ですす。

 

 

先ずは、お電話またはWEBからご相談ください。
お客様が、最もお得になる処分プランをご提案いたします。

ハンドリング大分への不用品回収についてのお問合せ、お見積り、ご依頼はお気軽にどうぞ。 不用品回収についてWEBからのお問合せは24時間受付ております。