ベッドとベッドマット処分の処分するにはどうしたらいい?

ベッド分解の注意点と組み立て方法!

ベッドとベッドマット処分の処分するにはどうしたらいい?

引越しの時に購入先の家具メーカーによっては断わる運送会社があります。

 

IKEAの家具ニトリ家具は引越し業者に断られる!?

 

IKEAの家具ニトリ家具は引越し業者に断られる!?

なぜニトリやIKEAの組立て式家具が断られるのでしょうか?

引越しの際、トラックにヘッドを載せるときにベッドを分解する必要があります。
ベッドを分解しないとドアから搬出できなかったりエレベーターや階段を通過できない場合があります。

トラックにベッドを乗せることができても引越し途中、車の振動によって軋みができたり破損したりしてしまう恐れがあります。
ベッドが破損したり軋みができたりすると依頼者からのクレームがつきトラブルの元となります。

IKEAやニトリの家具を運ぶのを断る運送会社があるには特別な理由があるのです。

大きな理由は、低価格で販売しているため家具は接着剤や木ネジを使った組み立てが多くベッドなどを素人が組み立てた状態では、使用には問題がなくても引越しのときに破損してしまう可能性があります。

 

IKEAの創業地であるフィンランド(北欧)には頻繁に引越しをする文化がありません。
引越しでの運搬にともなう分解・再組み立てを想定していません。

IKEAの家具は木製のネジが使われていることが多く、分解はできても組み立てが難しく、仮に再度組み立てられたとしても家具として備えているべき強度を維持できないのです。仕組みのイメージとしては組み立て式のカラーボックスのようなものです。

 

上記のようなトラブルが多く発生したために運送会社は保障を求められるためとトラブル防止のためにIKEAやニトリの家具を運ぶのを断る運送会社があるのです。
でもすべての運送会社が断るわけではありません。
引越しを請け負ってくれる運送会社もあります。

 

IKEAやニトリの家具の引越しを行う場合は
分解しなくても搬出+搬入が可能かどうか
分解が必要な場合は、自分で分解と再組み立てが可能かを見極める必要があります。

自分で解体・組み立てができない場合は不用品として処分しましょう。

 

ベッドの解体方法

ベッド解体に必要な用具

  • マイナスドライバー
  • プラスドライバー
  • 六角レンチ
  • モンキースパナ
  • 電動ドライバーがあると作業が早く進みます。

 

  1. ベッドを解体する場合、スマホやカメラで解体する手順をすべで画像に撮って残す必要があります。

    ベットを解体できたのは良いのですが組み立てるときにどのように組み立ててよいかわからなくなったりネジや部品を適切な場所で元に戻す方法が分からなくなります。
    取り外したネジや部品は数を数え袋に入れます。

    その時に袋の中にネジの本数、部品の本数を書きとめて一緒に入れます。ベッドを解体した時に撮影した画像を確認しながら逆の手順で組み立てれば比較的簡単に組み立てることができます。
  2. ベッドからマットレスをのける。マットレスはベッドに乗せてるだけですので簡単に外れます。
  3. ベッドの下はスノコを取り外します。大体2枚~3枚4枚です。
  4. 枠はフック上の金属で引っ掛けているものからネジでしっかり止めているのもあります。
    状況に応じて解体道具を選びます。
  5. その他の枠はプラスネジまたは六角レンチのネジで固定されていますのでスマホで撮影しながらTeqeしていきましょう。

 

引越しの時、ベッドを解体する必要があれば運送業者に頼めば何もしなくてもベッドを解体し搬送してくれます。
但し、ベッド解体費用は必要となります。

 

別の方法としてベッドを処分して引越し先で新たなベッドを購入するかベッドの変わりに布団に切り替える方法もあります。
ベッドから布団に切り替えるとベッドのスペースが空き部屋を広く使うことができます。
但し、万年床でしたら同じですけどね。

 

ベッドとベッドマットまたは不用品を処分してから引越しをすると引越し料金が安くなります。
3月、4月、5月の繁忙期の引越しは引越し料金が非常に高くなり引っ越す場所によっては30万円以上など引越し料金が必要となります。

 

そのような時は引越し荷物をできるだけ少なくすると引越し費用が激減します。
但し、不用品処分代金は必要となりますが引越し料金から比べると格段に安くなります。

 

単身者や高齢者が引っ越す場合、大きな荷物は不用品として処分して身の回りの荷物を宅急便で引越し先に送れば数千円から数万円の送料の料金ですみます。

新居では必要な物を少しずつそろえれば新たな気分で生活ができます。

 

引越し一括見積もりで引越し費用を節約!

引越しをする場合、引越し業者を選ぶ方法として一括見積もりをするのが常識となっています。
その中で一番引越し費用が安くてサービスの質の良い業者を選ぶようにしましょう。

 

ベッドの処分方法!

不要になったベッドを処分する方法!

ベッドの買い替えの時に家具屋さんに引き取ってもらう。引き取り処分料金が発生します。
自治体指定の処分場に自分で持ち込む(一番安く処分できます)
自治体に回収を依頼する。・・・自治体の回収車が横付けできる場所にベッドマットとベッドを解体して運ぶ必要があります。
自治体は土日が休みですので平日の時間になります。
回収日時を予め決め予約する必要があります。最寄の都道府県の役所に電話をして手順と回収費用を聞いて見てください。

 

ベッドを不用品回収業者に依頼する。
大きくて思いベッドを女性や高齢者はベッドの解体や運ぶことは困難なので不用品回収業者に依頼したほうが簡単で安全です。

ある程度、費用がかかりますが不用品回収業者に依頼すると依頼主の都合の良い日時にベッドの回収に来てもらえます。

ベッドの解体になれたスタッフが担当するので解体する時間も短縮できベッドを部屋の中から運搬車まで搬出してくれます。
重くて面倒なベッドの解体運搬を代行してくれます。

ベッド・ベッドマットなど単品の処分は1点から単品の不用品処分がお得!
単品処分の価格表はこちらを参考にしてください。
明瞭会計ですので処分費用が計算できます。

 

ベッドを売って処分する方法もありますがベッド・ベッドマットがブランド物で新しくないと売れません。
リサイクルショップではベッドの購入に積極的ではありません。
展示に売り場面積を広いスペースを取り売れる回転率が良い商品ではないからです。

今まで誰が寝ていたか分からないベッドに寝るのは心理上、抵抗があります。
あなたは、誰が寝たか分からないベッドに寝れますか?

ベッドの処分・回収に困ったらお気軽にご相談ください。
専門スタッフがベッドの解体・処分・回収に伺います。

ハンドリング大分への不用品回収についてのお問合せ、お見積り、ご依頼はお気軽にどうぞ。 不用品回収についてWEBからのお問合せは24時間受付ております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)