簡単!冷蔵庫の掃除方法

 

冷蔵庫を定期的に点検・掃除をしていますか?
毎日、使用する冷蔵庫お肉・魚・野菜・果物・調味料・飲み物など傷まないよう様々な食品の保存場所です。

冷蔵庫の掃除

いろんな種類の食品・調味料を保存していると食品の汚れ臭いがついてしまいがちになります。
冷蔵庫の側面などにも汚れ臭いが付着します。
冷蔵庫の臭い
また、冷凍庫に保存している食品も臭いが付着します。
きれいに掃除をしていないとジップロックに入れしっかり閉めて保存しても開封すると冷凍食品に臭いが付着して採れない場合があります。

食品を冷凍庫に保存しているからと過信してはいけません。
冷凍庫の中を清潔にしていないと食中毒の危険にさらされます。

冷蔵庫を快適に使用するために重要なのは掃除です。

 

冷蔵庫の掃除をする前の準備

 

冷蔵庫の掃除をする前に冷蔵庫の食品を冷蔵庫から出さなければ掃除ができません。
冷蔵庫の掃除を少しずつする方法もありますが、掃除をした後に臭いが付着したり雑菌が付着したりしますので出来るだけ一気に掃除をしましょう。
定期的に掃除をするのが冷蔵庫を快適に使用でするコツです。

定期的に掃除をする事で冷蔵庫の中で使わないもの賞味期限の切れた物を処分し冷蔵庫の中が見える状態するとどこに何があるかすぐに分かります。

 

冷蔵庫の物を全部出しましょう。
冷蔵庫の外に冷凍食品・冷凍保存してのを、そのままにしていると解答がすすみ食品が傷んでしまいます。
冷凍食品の保存にはクーらボックスや保冷財を入れた発泡スチロールボックスなどを用意しましょう。

冷凍食品以外の食品でしたらダンボールに保冷財・氷(掃除する前に氷を大量に作っていると保冷財購入の節約になります。ビニール袋に入れる・・・スーパーでドライアイス・氷をもらってくるのもよい方法です)

 

食品・調味料を冷蔵庫・冷凍庫から出したら賞味期限のチェックをしましょう。
賞味期限の切れたものや食べられる状態ではなさそうなものは、このタイミングで捨てて冷蔵庫の中身を整理します。

 

庫内に仕切り板やトレー、ボックス等は取り外せそうであれば取り外すと冷蔵庫内の掃除がしやすくなります。

冷蔵庫内に仕切り板やトレー、ボックスを取り外す前に、スマホ・デジカメを使って取り外す手順を画像に残しましょう。
組み立てるときに大変役に立ちます。

取り外したパーツは中性洗剤で洗ってから拭くか、乾かして水分が残らないようにしましょう。

 

冷蔵庫の掃除をするのに必要なもの

 

 

冷蔵庫の掃除をするのに必要なもの    冷蔵庫の掃除をする前の準備

 

冷蔵庫を掃除するのにバケツ、ふきん、除菌スプレー・使い古した歯ブラシや綿棒・爪楊枝を用意すると掃除がスムーズにすすみます。
手の汚れが気になる方は使い捨てビニール手袋・ゴム手袋を使って掃除をすれば手の汚れが気にならないと思います。

 

水垢を落とすのに欠かせないのがクエン酸水です。

いろんな種類が販売されていますので気に入ったものを購入されると良いでしょう。
また、100mlに対してクエン酸小さじ半分をスプレーボトルで混ぜても使えます。
油汚れを落とすには、水100mlに重曹小さじ1杯を入れた重曹水も活躍します。

 

 

冷蔵庫内の掃除方法

冷蔵庫内の掃除方法冷蔵庫内の一般的な汚れは重曹水をスプレーして拭き取りましょう。頑固な
油汚れにはセスキ炭酸ソーダ水を使用します。

 

 

 

それでも汚れが落ちない場合は、スプレーして少し時間を置いてから拭き取ると汚れが落ちやすくなります。

水滴がたまりがちな箇所や飲み物のボックス等に水垢がついてしまった場合は、クエン酸水をスプレーして拭き掃除をしましょう。
さらに細かい隙間等には、歯ブラシや綿棒・爪楊枝を使用して汚れをかき出します。

卵トレーを取り外した受けなども卵の汚れで汚れがこびりついている場所です。
丁寧に掃除をしましょう。

冷蔵庫内を除菌スプレーと布巾などを使ってしっかり汚れを落としましょう。
また、臭いも付着していますので汚れをふき取った後に臭いが残っていないか確認しましょう。
臭いが残っていると悪臭の原因になります。

 

冷蔵庫の全体的な掃除が終わったら、最後にアルコールスプレーをして乾いた布で拭き取っておくと庫内が除菌・消毒され、カビや臭いの発生を抑える効果があります。
カビ防止・悪臭の原因となる雑菌発生防止のために水滴が残らないようにしっかり拭き取りましょう。

 

冷蔵庫のドアと取っ手の汚れの掃除

 

冷蔵庫を開閉するときには必ずドアの取っ手を引いて開閉します。
目に見えない手の汚れがドアの取っ手に付着しています。

ドアの側面・前面部分にマグネットやテープでメモ・レシピ・連絡事項を貼り付けている場合、掃除の時に必要のないものを取り外して必要なのを見やすい場所に整理して貼りましょう。
冷蔵庫のあちこちにメモ紙がはっていると見た目に良くありません。
部屋全体が汚く見えます。

 

冷蔵庫のドアを開閉を繰り返すうちに調味料がこぼれて付着したりと汚れてしまいがちです。
汚れに合ったスプレーを使用して、しっかり汚れを拭き取るようにしましょう。
ふき取った後はしっかり除菌を忘れなく。

冷蔵庫の開閉パッキン・上下にあるパッキンなど目の届きにくい部分も汚れがたまりやすい箇所の一つです。
冷蔵庫内と同様に最後はアルコール除菌を行うと汚れ防止になります。

 

ホコリと汚れがたまりやすい冷蔵庫の床下も掃除しよう

 

冷蔵庫は大きくて重いので1度設置すると他の場所に移動するという事はめったにないと思います。
冷蔵庫を動かさないという事は床の部分にホコリや汚れがたまり付着してしまうという事です。

私どもが冷蔵庫の処分に伺って冷蔵庫を室外に搬出するときに、ほとんどの家庭の冷蔵庫の床下にホコリ・汚れまた汚れのひどい家ですと冷蔵庫の下にびっしりカビが発生している間合いもあります。

 

冷蔵庫を掃除する機会に冷蔵庫を移動して冷蔵庫の床下をきれいに掃除しましょう。
上記のように仕切り板やトレー、ボックス等を取り外し冷蔵庫の中身をクーラーボックスなどに入れれば、冷蔵庫は軽くなりますので移動が楽になります。

 

冷蔵庫を動かす前には電源が切ってあるか、コンセントやアースが抜いてあるかを必ず確認します。

冷蔵庫の下にはカバーがついているので外し、ストッパーを回して緩めます。ストッパー横に移動用のハンドルがあるのでそれを引いて、冷蔵庫を動かしましょう。

冷蔵庫を動かす簡単な方法として、古い毛布を用意し冷蔵庫の前に敷きます。
冷蔵庫の前に毛布を置いたら冷蔵庫を毛布の上に乗せます。

冷蔵庫を毛布の上に乗せたら毛布を腰の位置ぐらいまで持ち上げて毛布を引っ張ると毛布の上に乗っている冷蔵庫を軽く引っ張って移動することが出来ます。

 

その後冷蔵庫の床下、裏面のほこりや汚れを取り除きます。
コンセント回りのほこりを取り除くことでショートを防ぎホコリが溜まることが原因で起きる火災防止にもつながります。

冷蔵庫の冷気の噴出し口、製氷機ケースと製氷機ケース脱着部分の場所も汚れやすいので丁寧に掃除をしましょう。
必ず除菌は忘れないようにしましょう。

冷蔵庫の掃除が終わったら元の場所に戻し、クーラーボックスなどに保管していた食品などを冷蔵庫に戻します。
そのときに分別をして分かりやすく入れましょう。

冷蔵庫の中に物を詰め込みすぎると冷蔵庫内の気流の流れが悪くなり冷蔵効率が落ちます。
必要のない食品は捨てましょう。
必要のない食品を冷蔵庫に入れていたら、どれが賞味期限まじかなのか期限が切れているのか探すのが面倒になります。、

 

 

冷蔵庫はサイズによっては目が届きにくい箇所があったり、温度調整の関係で長時間開けて中を確認することが難しいため、必要がない食料品がいつまでもそのままになっていることも多いものです。

 

定期的に掃除をして、清潔な状態を保つよう心がけましょう。

 

普段から汚れを防止するためにも、調味料の蓋はしっかりしめる、小分けにしたお肉や魚類等の食材はこぼれないようにジップロックに入れるなど心がけると綺麗な状態を保てます。

 

冷蔵庫の耐用年数は約8年前後です。
古い冷蔵庫は電気代が高くなる傾向があります。買い換える時は省エネ冷蔵庫、臭いを押さえる脱臭気機能のついた冷蔵庫を選びましょう。

冷蔵庫のメンテが楽になります。

冷蔵庫はリサイクル家電

冷蔵庫は粗大ごみとして出すことはできません。
冷蔵庫は、家電リサイクル法により粗大ゴミに出すことができないように法律で決まっているのです。

冷蔵庫を部屋からの搬出・処分を考えているようでしたら不用品回収業者に依頼するのが無理なく簡単に処分をすることができます。

 

冷蔵庫を買い換える場合、冷蔵庫の処分にお困りでしたらハンドリング大分にお任せください。
大きくて重い冷蔵庫を室内から室外へ運び出します。

ハンドリング大分への不用品回収についてのお問合せ、お見積り、ご依頼はお気軽にどうぞ。 不用品回収についてWEBからのお問合せは24時間受付ております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)