大分で使わなくなった壊れた洗濯機を処分する方法!

 

引越しで洗濯機が不用になった、壊れたので買い替えたいまた処分したいでも処分の方法がわからない方にわかりやすく説明いたします。

処分するのに必要な知識として「家電リサイクル法」についても解説しているので参考にしてください。

洗濯機処分 大分

洗濯機は大きくて重い物です。洗濯機の設置は家電販売店から買って設置もしてもらっていると思います。
洗濯機を設置すると洗濯機の買い替え・故障による処分または引越しぐらいにしか洗濯機を移動することがないと思います。

洗濯機の処分は「家電リサイクル法」に基づすて処分しなければなりません。

洗濯機を処分する方法がわからない方が多くいらっしゃいますのでわかりやすく処分する方法を説明します。

不用になった洗濯機をリサイクルショップに売る

 

洗濯機の製造年月日が新しく故障もなく傷もなければリサイクルショップで売ることができます。
製造日から5年以内であればリサイクルショップで買い取ってくれる可能性があります。
3年以内の比較的新しい洗濯機であれば高く買ってもらえる可能性があります。

リサイクルショップの買い取り価格の基準は販売価格の20%以下と思ったほうが良いでしょう。
リサイクルショップで売りたい洗濯機があれば事前にショップに行って販売価格を調べる事をお勧めします。

リサイクルショップに電話をして洗濯機の型番を伝え大体いくらぐらいで買い取ってもらえるかを聞くと良いでしょう。
参考価格は一番状態が良い状態の価格になりますのでそこから減額されると思って間違いありません。
一番高く売りたいと思えば洗濯機が入っていたダンボール箱なども必要になります。

不用になった洗濯機をオークションで売る

製造年月日が新しい洗濯機が比較的高く売れます。
洗濯機をオークションで売るには手間と時間がかかるのは覚悟したほうが良いでしょう。

○オークションIDを取得
○洗濯機を綺麗にして写真撮り
○価格設定をしてオークション出品・・・価格を高くするといつまでも売れません。
○洗濯機が落札されたら段ポール・プチブチなどで梱包をする。
○運送会社が引き取りに来る日時に部屋の外に置く
※オークションでの処分は手間と時間と労力が必要となります。
余裕を持って処分されるのお勧めします。

 

リサイクル家電の洗濯機処分方法の基本的な流れ

 

家電リサイクル法の対象となる洗濯機を処分するときには、大きく分けると、購入先の家電販売店に引き取りを依頼する方法と、自分で指定の引取所に持ち込む方法の2つの方法があります。

基本的な処分方法は、洗濯機の処分時に家電リサイクル券に必要事項を書き込んでからリサイクル料を支払い、不要な洗濯機を処分してもらうという流れになります。(持ち込みのときの処分方法の流れはリサイクル料の支払いが先になります。)

家電リサイクル券

 

家電リサイクル券には

家電販売店で使用する「料金販売店回収方式」と、
郵便局で発券される「料金郵便局振込方式」の2種類のものがあります。

リサイクル料支払い後に受け取る「排出者控え」は、リサイクル料を支払ったことの証明になり、家電のリサイクル状況を確認することもできるので大切に保管しておきましょう。

 

洗濯機の処分、家電販売店に回収を依頼する

古い洗濯機は新しい洗濯機を購入する時に家電販売店や家電量販店に引き取ってもらう事ができます。
但し、家電リサイクル券取り扱い優良店でなければ引取りをしてない場合もありますので事前に確認しておきましょう。

 

家電販売店に回収を依頼すると当然、引取料や運搬料などがかかります。
引取料は販売店に依頼するときには通常必要になる料金です。
販売店によっては指定する運搬料を支払うことで自宅から運んでもらうことも可能になります。

重い洗濯機を持っていくのが大変だという場合には運搬まで頼むことができて、時間や労力がかからないというメリットがありますがその分、費用がかさみます。

洗濯機を処分するときに必要なリサイクル料金は、品目とメーカーによって金額が異なり、以下、例として出してみます。

 

支払い後窓口から受け取った振替払込受付証明書をリサイクル券の現品貼付用の場所に貼り付けて、指定の引取所へ不要な洗濯機を持ち込むときに不要な洗濯機と一緒に持参します。支払い済みのことを伝えて洗濯機をリサイクルに出したあとには、リサイクル券の排出者控えを受け取って処分が完了となります。

指定引取所へ自分で持ち込むことで、運搬料がかからないなど費用面でのメリットがあります。
但し、洗濯機は非常に重いので1人で運搬することが難しい一面があります。
また、洗濯機の大きさによっては乗用車の座席・トランクに入らないのもあります。

洗濯機を運ぶ場合は事前に洗濯機の大きさを測り自動車に乗せる事ができるかどうかを判断しなければなりません。

 

家電4品目リサイクル

大分市では、これらの家電製品については、収集や処分を行っていません。
処理方法は、以下をご覧ください。

【原則】販売店回収方式

「対象商品を購入した店」または「対象商品を買い替える店」に引取を依頼します。
必要な費用:「リサイクル料金」と「収集運搬料金」
収集運搬料金については引取りを依頼する店に直接お問い合わせください。

郵便局振込方式

「対象商品を購入した店」または「対象商品を買い替える店」への引渡ができない場合は郵便局振込方式をご利用いただけます。

  • (1)メーカー名と型番号を控え、郵便局で「リサイクル料金」を支払い「リサイクル券」を購入します。
    ※メーカーと型番号によってリサイクル金額が異なります。
  • (2)その後、「指定引取場所」(フジケイ(株)・久留米運送(株))に直接持ち込むか、収集・運搬する業者に「収集運搬料金」を支払い運んでもらいます。

家電4品目の収集運搬業者一覧表はこちらの大分市一般廃棄物(特定家庭用機器廃棄物)収集運搬業許可業者名簿からご確認ください。

なお、郵便局にも家電4品目収集運搬業者の一覧表がございます。

家電の処理方法の画像

メーカー指定引取場所

フジケイ(株)

大分市豊海3-7-4
電話097-536-2588
月曜から土曜(日曜・祝祭日は休み)
午前9時から午後5時
(正午から午後1時を除く)

久留米運送(株)

大分市豊海5-3-15
電話097-535-2161
月曜から土曜(日曜・祝祭日は休み)
午前9時から午後5時
(正午から午後1時を除く)
大分市ホームページ転載

 

一番簡単な洗濯機の処分方法

○洗濯機を早く処分したい ○洗濯機を運ぶ運搬手段がない
○洗濯機を部屋から運び出すのが難しい ○他の不用品と一緒に処分したい

洗濯機などを処分するのに一番簡単な方法は不用品回収業者に処分を依頼することです。

不用品回収業者に依頼すれば大きくて洗濯機を部屋の中から部屋の外に運び出し回収運搬車に積んでくれます。

それなりに処分代金が必要となりますが大きくて重い洗濯機を運ぶ時間と労力が省けます。

女性の方や高齢な方では重い洗濯機を運ぶのは困難です。

処分を依頼するとき日常、不要と思われる物があれば一緒に処分すれば出張料金などの費用を軽減することができます。

 

先ずはお電話/メールからご相談ください。
お客様に最適なプランをご提案させていただきます。

不用品回収お問合せ メールでのお問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)